GROW UP!
ジーンズの色落ちとバイクのカスタム/修理を主に記録しているブログです。
プロフィール

.STRIKE

Author:.STRIKE
主にレプリカジーンズの穿きこみレポートや愛車のCBR250RRなどについて紹介しています。

※記事中の画像はクリックすると拡大できます。

★近況(4/10)
・メイン:エターナル811
・サブ:Evisu2000 No.1

なんと1年半ぶりの更新。
まさかこんなに間があいていたとは。汗
この2年近く仕事が激務でしたが、ようやく開発もひと段落。。(だといいんですが)
ぼちぼち更新を再開していきたいと思います。
扱う記事の写真が大分前でビックリです^^;


質問や何か一言ありましたらこちらのmail formまでお願いします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索


 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
ドゥニーム66XX 10ヶ月
ドゥニーム66XX色落ちレポート第11回
・穿き込み期間・・・10ヵ月
・洗濯回数  ・・・5回
DENIME_66XX_10_01a.jpg DENIME_66XX_10_02a.jpg

10ヵ月が経過しました!
前回の更新から約2ヵ月経過していますが、平日は仕事なので、学生時代の穿き込み量と比較すれば2ヵ月でちょうどひと月分穿き込んだ位になるんじゃないかと思います。
色落ちに関しては大分落ち着いてきたというか、ここまでくるとあまり変化は見られませんね^^;

DENIME_66XX_10_03a.jpg DENIME_66XX_10_04a.jpg
DENIME_66XX_10_05a.jpg DENIME_66XX_10_06a.jpg

このヒゲの表情、最高です!ここまで穿き込んだ甲斐があったってもんだ...。
穿き込んでいくことでさらにメリハリが付いていきそうな感じがします。
ヒゲも当初の目標通りバキバキとアタリが出てくれました。

DENIME_66XX_10_07.jpg DENIME_66XX_10_08a.jpg

ポケットの財布のアタリがそろそろ危ないかも。
ということで、最近はあまり財布を入れないようにしています。
革パッチは相変わらず。とれるような雰囲気は微塵も感じられません(笑)
もっと洗濯回数を増やしたりすれば縮んだりするんですかね~??まぁ取れない方がいいか。

DENIME_66XX_10_09.jpg
下から「DENIME XX-TypeⅡ」、「FULLCOUNT 1108-15周年」、「DENIME 66XX」

フルカウントとドゥニームでは色落ちのベクトルがまったく違います(15周年は特に)。
ジーンズの色を自分で落とすって本当に面白い。
こういう様々な特徴を持った色落ちジーンズをこれからもたくさん育てていきたいところです^^
また一月分穿き込んだらレポートします。

P.S.
前回の更新から二ヵ月、いつの間にこのDENIME66XXも廃版となってしまいましたね...。
まさかDENIMEがこんなことになるとは思ってもみませんでした。
調べてみたところWEGOに買収されるとのことで、ブランド自体は消失しないようですが、数あるラインナップの絞り込みは避けられないようです。
生地はかわらないですが、赤タブ廃止&シルエット変更...残念です。
66XXのストックが叶わなかった分、こいつは大事に育てていこうと思います。



------------------------ DENIME 66XX Aging Report ------------------------

/第1回/ 糊落とし/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/
/ 第9回/ 第10回/ 第11回/ 第12回/ 第13回/


スポンサーサイト
TOP
タイヤ交換
日曜日は晴れてくれたので、CBR250RRのタイヤ交換をしました。
CBR250RR_T_01.jpg CBR250RR_T_02.jpg

初めての新品タイヤ!う~ん気持ちがいい^^
新しいタイヤは滑りやすいそうなので、しばらくは大人しく走らせようと思います。
といっても、タイヤ幅目いっぱい倒し込むほどの腕なんてないんですがね(笑)
ライディングの方もちょっとづつ上手くなりたいところです。

今回はとある有名二輪チェーン店でタイヤ交換をお願いしました。
タイヤ代&工賃はこんな感じになりました。

・ブリジストン BT92 Front \12880円
・ブリジストン BT92 Rear \15660円
・工賃 \4200円


高いのか安いのかよくわかりませんが、近くにあったので何気なくお願しました。
しかしね、う~ん...正直もうここでタイヤ交換したくないな~と感じました。

タイヤの取り外しに凄い戸惑っていたりしていたので、心配になって作業を横で見ていたんですが、素人目に見ても危なっかしい。
というか、明らかに新人が先輩に質問しながら作業を進めてる...。
新品タイヤを取り付けるときにビートにタイヤワックス塗らなでやろうとするし(汗)
思わず声をかけてしまった...。ホイールもタイヤも傷つくって。゚(゚´Д`゚)゚

こういうお店って店舗ごとにサービスの質が違ったりするので何とも言えません。
しかし、自分は次にバイクの修理をお願いするときは、信頼できるバイク屋かホンダドリームにお願いしようと思いました^^;
このバイクって旧車の部類にはいるだろうし、こういうお店に頼むのには元々無理があったのかもしれませんしね。
これも一つの教訓ってことで。



TOP
マフラー&ステーを磨く
土曜の朝、CBR250RRのタイヤ交換をしにいこうと寮を飛び出したら...まさかの積雪(笑)
というわけで、地元に帰ることも出来ず、やることがなくなってしまったので、とりあえず簡単に取り外しができそうな部品を選んで磨くことにしました。
CBR250RR_M_01.jpg

マフラー&マフラーステーとピリオンシートを磨くことに。
マフラーステーを取り外す為には、リヤカウルを外す必要があったんですが、興味本位でとりあえずバラしてみることに。意外とボルト数本外すだけであっさり外すことができました。

CBR250RR_M_02.jpg CBR250RR_M_03.jpg
CBR250RR_M_04.jpg CBR250RR_M_05.jpg

改めて取り外した部品を見てみるとさすがに汚い(笑)
さすが20年前のバイクなだけあって、見えないところは錆びだらけです。
そこで、今回はネットで高評価だったネバダルというコンパウンドを使ってみることにしました。
さすがに錆びがひどいところはネバダルだけでは力不足だったので、お鍋の焦げ落としで使うスコッチブライトも使いました。本当は紙やすり→耐水ペーパー→ネバダルの順で磨きたかったんですが...雪のせいで買いに行けなかったのでこれを代用としました^^;

磨いた結果こんな感じに。
CBR250RR_M_06.jpg

見違えるほどの光沢!
スコッチで粗く磨いてから、ネバダルでコツコツ磨いたのでそこまでの鏡面仕上げとはいきませんでしたが、新品に近い光沢を取り戻すことができたんじゃないかと思います。(新品がどれだけ綺麗だったか知らないですけどね。笑)
仕上げはワコーズのバリアスコートでコーティングしてあげました。

CBR250RR_M_07.jpg CBR250RR_M_08.jpg

飛び石などでついたであろう傷などを完全に消すことはできませんでしたが、これだけ綺麗になれば上々かと。マフラーステーも、時間かけて磨くくらいだったら新品買った方が早いんじゃないかとも思いましたが、このステー地味に2000円以上します(笑)
使える部品は大切にしていきたいですね~。

今回初めての磨き作業でネバダルを使用しましたが、磨いている途中手が真っ黒&ベタベタになってしまったので、ちょっと使いづらいかな~と感じました。ベタベタに防錆成分が含まれているようですが、乾拭きでなかなか綺麗に拭きとれなかったのがちょっと残念でした。
磨き面の美しさには申し分なかったんですけどね~

今後は様々なコンパウンドを試しつつ、バイクを綺麗にしていきたいと思います。



TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。