GROW UP!
ジーンズの色落ちとバイクのカスタム/修理を主に記録しているブログです。
プロフィール

.STRIKE

Author:.STRIKE
主にレプリカジーンズの穿きこみレポートや愛車のCBR250RRなどについて紹介しています。

※記事中の画像はクリックすると拡大できます。

★近況(4/10)
・メイン:エターナル811
・サブ:Evisu2000 No.1

なんと1年半ぶりの更新。
まさかこんなに間があいていたとは。汗
この2年近く仕事が激務でしたが、ようやく開発もひと段落。。(だといいんですが)
ぼちぼち更新を再開していきたいと思います。
扱う記事の写真が大分前でビックリです^^;


質問や何か一言ありましたらこちらのmail formまでお願いします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索


 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
CBR250RR ブレーキオーバーホール①
CBR250RRを購入してから早1年と半年が経過。
足まわりに関してはある程度新品部品との交換が進みましたが、肝心のブレーキは購入してから一度フルードを交換しただけという状況。
特に不具合が無かったため後回しになっていましたが、それではいかん!ということで、今回満を持してブレーキのオーバーホールを行いました。
この記事はその際の整備記録になります。

作業は以下のような流れで進めました。
1.ブレーキフルードの排出、キャリパー取外し
2.ブレーキホースの交換
3.キャリパーの分解清掃、ピストンシールの交換、各部注油
4.車体へのキャリパー組付け
5.ブレーキフルード注入、エア抜き

CBR250RR_BRAKE_FR_01.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_02.jpg
・まずはフロントブレーキから            ・エア抜き&フルード注入用に購入(500円位)

CBR250RR_BRAKE_FR_03.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_04.jpg

写真の位置のボルトを緩め、ブレーキレバーをニギニギするとフルードが排出されていきます。
ある程度出しきったら、ブレーキホースのボルトを緩めておきます。ここのボルトは非常に固く締められていた為、キャリパーがサスについたままの状態で緩めてやりました。
ブレーキフルードは作業の都度漏れたり飛び散ったりするので、車体に付いたフルードはこまめにパーツクリーナーで落としながら作業を進めます。(塗装が剥げるので要注意!)

CBR250RR_BRAKE_FR_05.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_06.jpg
・サスからキャリパーを取外す          ・ブレーキシューの残量があと僅かでした..

CBR250RR_BRAKE_FR_07.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_08.jpg
・ピンプラグをマイナスドライバーで取外す       ・ハンガーピンを六角レンチで取外す

CBR250RR_BRAKE_FR_09.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_10.jpg

ハンガーピンを取外すとブレーキパッドが外れて、ピストンが露わになります。
パッドがすり減っていた為飛びだし量も結構多い。
ピストンシールを交換するため、ピストンをウエスで包んだ上からペンチではさみ、ゆっくりと引き抜いていきます。本当はピストンの内側をしっかり掴んで引き抜く工具もあるようですが、このやり方で代用しました。(非推奨)

CBR250RR_BRAKE_FR_11.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_12.jpg
・外したてのピストン。大きな傷がないかチェック   ・研磨剤で磨いてツルツルに

CBR250RR_BRAKE_FR_14.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_13.jpg

ピストンを抜き取った後は、表面を洗浄後研磨剤(ネバダル)を使ってピカピカにしてやります。
古いバイクなので本当は新品交換がベストですが、買い忘れまして^^;
とりあえず洗浄してみて致命的な傷は無かったので、そのまま研磨して使うことにしました。
次に、ゴム/シール類のパーツを交換していきます。
ピストンシールはピンなどを使用して、シリンダ内に傷がつかないように取り外します。
外してみると...バッチぃですね^^;
シリンダ内にも固形化したフルードのカスが溜まっているので、綺麗に洗浄してやります。

CBR250RR_BRAKE_FR_15.jpg CBR250RR_BRAKE_FR_17.jpg

洗浄後は、シール類を新品と交換し、元通りに組み上げていきます。
このとき、シールにはブレーキフルードを、パッド組付け部にはグリスを塗布して組み上げます。

片方が無事に終わったので、もう片方もちゃっちゃと済ませようと思っていたんですが、このもう片方のキャリパーで思わぬトラブルが。
バイクのブレーキは一般にフロートキャリパー式で、一方のみをピストンで押し込んで制動するため、キャリパー自体がディスクの面直方向に摺動するようになっています。
CBR250RRも例に違わずフロートキャリパー方式なので、キャリパーはピンボルトを介して摺動するはずなんですが...
あれ?動かない..(゜ロ゜)

何とか分解してみると、ピンボルトのブーツが破れ、中が固着してしまっていました。
ここが動かないって今までどういう状態で作動していたんでしょうかね!?
引きずり等はなかったんですが...軌跡のバランスを保っていたのでしょうか^^;
何にせよ、今回の分解でこういう点をチェックすることができて良かったです。

CBR250RR_BRAKE_FR_16.jpg

キャリパーをサスに取り付け、新品のブレーキホースを組み付ける。
そして最後に、ブレーキフルードをキャリパー側から注射器を用いて注入し、エア抜きを行って完了です。キャリパー側から注入すると、フルードが行き渡りやすくなる...とネットに載っていたので真似してみました。(確かに最初の入りは早かったです)

が...エア抜きって大変なんですね^^;
一人ではなかなかはかどらなかったので、最後だけバイク仲間に手伝ってもらいました。
二人でやると格段に早い。友人に感謝です。

これにてフロントブレーキのオーバーホールは終了です。
作動の方も良好。また一つ、バイク整備の経験を積むことができました。
その②ではリヤーブレーキの整備記録をまとめたいと思います。



スポンサーサイト
TOP
DENIME XX TYPEⅡ 0ヵ月
DENIME 66XX TypeⅡ ~生地違いのもう一つのXX~

DENIME_XX2_01.jpg

DENIME 66XX TypeⅡになります。
こいつを購入したのは、DENIME身売りの情報を聞きつけたのがきっかけでした。
66XXの色落ちにすっかり魅了されていたため、別生地で気になっていたXX TypeⅡを何としても確保するためにネットショップを何件もハシゴしてようやく手に入れたのを覚えています。
28350円とジーンズとしては高額な方でしたが、DENIME XX TYPEⅡのこの仕様が買えるのは今しかないと思うと、買わずにはいられませんでした。


ドゥニームXX TYPEⅡ色落ちレポート第1回
・穿き込み期間・・・0ヵ月
・洗濯回数  ・・・0回
DENIME_XX2_02a.jpg DENIME_XX2_03a.jpg

XXモデルよりも腰回りが細く股上が浅めの、すっきりとしたシルエット。
ヒゲのアタリをしっかり出したい自分にとっては、購入の決め手になった大きなポイントでした。
とはいっても試着しないでの購入なので博打ではありますが、ここはワンウォッシュ後のお楽しみといったところでしょうか。
たぶん、ウエスト78cmで66XXと同じ寸法だから、大丈夫...かな(笑)

DENIME_XX2_04a.jpg DENIME_XX2_05a.jpg
DENIME_XX2_06.jpg DENIME_XX2_07.jpg

まさにシンプル。この一言に尽きます。
(というか、ジーンズの詳しいディティールがあまり分からないだけ!)
個人的には昔のLevi'sをいかに再現しているか-よりも、自分で育てていかにかっこよくなってくれそうか-の方が重要なので、ディティールはさほど気にしていません。
...と、言い訳しておきます(爆)

DENIME_XX2_08.jpg DENIME_XX2_09.jpg
DENIME_XX2_10.jpg DENIME_XX2_11.jpg
DENIME_XX2_12.jpg DENIME_XX2_13.jpg

革パッチは66XXとは違った質感の素材が使われていました。洗ったら固くなりそうな感じです。
そしてXXモデルにはない「Every Garment Guaranteed」の文字が入っています。
つまり、それだけDENIME特に創業者の林氏はこのモデルに力を入れたってことでしょうかね?もしそうであれば、嬉しい限りです。
その他のディティールに関しては、写真の通りです。


一時DENIMEのジーンズは消滅してしまうのではないかと心配しましたが、WEGO傘下で無事に再出発を果たし、定番モデルも販売を再開しました。
66XXのリペアも直営店にてお願いすることができ、高いクオリティで直してもらえたので安心しました。
新生DENIMEの方では、まだXX TYPEⅡは販売されていませんが、ラインナップを徐々に増やしてきているようなのでそのうちひょっこり復活するかもしれないですね。
これからのDENIMEにも期待したいと思います。
現状こいつはストックジーンズということで、しばらく眠らせておこうと思います。



TOP
フルカウント1108 6ヵ月
フルカウント1108色落ちレポート第3回
・穿き込み期間・・・6ヵ月
・洗濯回数  ・・・1回
Fullcount1108_2nd_06_01a.jpg Fullcount1108_2nd_06_02a.jpg

6ヵ月が経過しました。
穿き込みペースはいつもとかわらず通勤(バイク)+土日。しかし、震災の影響で自宅待機の日が多かったため、多少は穿き込む時間が多かったかと思います。
とはいっても、まだワンウォッシュの6ヵ月目なので変化は微妙なところです。

Fullcount1108_2nd_06_03a.jpg Fullcount1108_2nd_06_04a.jpg
Fullcount1108_2nd_06_05a.jpg Fullcount1108_2nd_06_06a.jpg

色落ちはまだまだですが、ヒゲの定着感は大分いい感じです。
ほんのりとアタリが出てきています。
ハチノスに関しては一見定着していそうですが、色落ちの手ごたえはまだそれほどありません。
やはり自転車に乗っていないため、以前穿き込んだジーンズのようにはいかないのかもしれませんね~。セカンドウォッシュ後の定着率次第といったところです。

Fullcount1108_2nd_06_07.jpg Fullcount1108_2nd_06_08a.jpg
Fullcount1108_2nd_06_09.jpg Fullcount1108_2nd_06_10.jpg

バックポケットのステッチは健在です。やはり財布を極力入れないことが影響大ですね。
革パッチは大きな変化はありませんが、品番の文字が見えなくなってきました。
その他の部位に関しては変化はまだまだってところです。

穿き込みを始めてから半年が経過しましたが、色落ちのベースとなる成長に至るまではもうひと押しって感じがします。いつもだと半年を目安にセカンドウォッシュを敢行するところですが、今回は汚れもそれほど目立たないので、洗濯までもう少し粘ってみようかと思います。
(バイクでこけたりしていない分、ジーンズの状態は良好です。笑)

次はセカンドウォッシュが済んだ頃に更新したいと思います。

Fullcount1108_2nd_06_11.jpg
色落ちの相対比較をするとこんな感じ。まだまだこれからですね~。



TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。