GROW UP!
ジーンズの色落ちとバイクのカスタム/修理を主に記録しているブログです。
プロフィール

.STRIKE

Author:.STRIKE
主にレプリカジーンズの穿きこみレポートや愛車のCBR250RRなどについて紹介しています。

※記事中の画像はクリックすると拡大できます。

★近況(4/10)
・メイン:エターナル811
・サブ:Evisu2000 No.1

なんと1年半ぶりの更新。
まさかこんなに間があいていたとは。汗
この2年近く仕事が激務でしたが、ようやく開発もひと段落。。(だといいんですが)
ぼちぼち更新を再開していきたいと思います。
扱う記事の写真が大分前でビックリです^^;


質問や何か一言ありましたらこちらのmail formまでお願いします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索


 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
CBR250RR レギュレータ交換
CBR250RRのレギュレータ交換を行いました。
CBR250RR_Regu_01.jpg

CBR250RRは、レギュレータに問題があることが有名で、メーカーから対策品が出ている程。
自分のバイクにも対策前のモノがついていました。
今まで特に不具合はありませんでしたが、いつトブかわからない部品を抱えて走るのはあまりにもリスクが高いと判断し、今回の交換に至りました。

CBR250RR_Regu_02.jpg CBR250RR_Regu_03.jpg

才谷屋カウルに換装していたため、レギュレータはこんなところに付けていました。
エンジンからの熱気をモロに受ける上に、ガソリンタンクとバッテリーの僅かな隙間に搭載しているこのレイアウト...今更ながら危険だと思います^^;
おまけにカプラー部がドレインチューブの繋ぎ目と位置がぴったり合っている始末。

...今までよく大丈夫だったなぁ。
対策品にかえるついでに、搭載位置も変更することにしました。

CBR250RR_Regu_04.jpg CBR250RR_Regu_05.jpg

取り外した対策前のレギュレータ。
特に表面が溶けたりといった異常は見られませんでしたが(というか新品時どんなんだったか知らないので判断不可)、放熱フィンのついた対策品に交換していきます。
対策品は、ヤフオクにて6000円位で入手しました。

カプラー内の端子を見てみると、一か所だけ黒ずんでいました。こわいな^^;
交換部品を持っていなかった為、綺麗に磨いてそのまま使用することにしました。

CBR250RR_Regu_06.jpg CBR250RR_Regu_07.jpg

レギュレータはこんな位置に搭載してみました。
ステーはホームセンターで購入したものを、適当な長さをみつくろって足でグニグニして切断。
右上のカウルを留めている部分に、複数枚のワッシャーとステーをかませて固定しました。

この位置であれば、走行中の風による冷却効果が望めそうだし、満が一ショートした際も周りへの影響は少ないだろうと予想しています。
激しい雨に降られても、カプラーの結合部は下を向けてあるから大丈夫...なはず。

一点留めとなってしまった点がネガですが、しばらくはこれで様子を見てみようかと思います。
この位置で大丈夫そうなら、ロングツーリング敢行前に、万全を期してレギュレータ裏にヒートシンクを取り付けてやりたいですね~。



スポンサーサイト
TOP
フルカウント1108 7ヵ月
フルカウント1108色落ちレポート第4回
・穿き込み期間・・・7ヵ月
・洗濯回数  ・・・2回
Fullcount1108_2nd_07_01a.jpg Fullcount1108_2nd_07_02a.jpg

7ヵ月経過頃のレポートです。写真撮ったのを忘れていました。汗
5月中旬にバイクをいじっていたら、誤ってブレーキフルードがジーンズにかかってしまうアクシデントが。ブレーキホースを外したらドバッと...ね^^;
思わぬ形でのセカンドウォッシュとなりました。
以下洗濯&乾燥機直後の写真になります。

Fullcount1108_2nd_07_03a.jpg Fullcount1108_2nd_07_04a.jpg
Fullcount1108_2nd_07_05a.jpg Fullcount1108_2nd_07_06a.jpg

伸びきってへなへなしていた生地が、洗濯によってギュッと締まり、ステッチ周辺のパッカリングがより強調されてきました。色落ちは順調に進んでいたようです。

ここまでくるとアタリ等色落ちの傾向がだんだんわかってくるんですが、やはり今まで穿き込んできたジーンズと同じようなアタリになりそうな感じです。
ハチノスの位置とかね..ここまで同じようにでるとは。笑
シルエットが似たようなモデルを穿き続けているので当然と言えばそうですが、自分色が如実に表れるジーンズというのは改めて面白いものだと感じました。

Fullcount1108_2nd_07_07.jpg Fullcount1108_2nd_07_08a.jpg
Fullcount1108_2nd_07_09a.jpg Fullcount1108_2nd_07_10.jpg

バックポケットのステッチは奇跡的にまだ生き残っています。
やはり財布をなるべく入れないようにしているのが効いているようです。このまま穿き込むことで、ステッチ痕が色落ちに表れてくれると嬉しいですね。
その他の部位も着々と成長してくれているようでなにより。
DENIMEと比較すると、縦落ちがより強く表れているようです。これからどうなるかに期待ですね。

次回のレポートは7月中旬頃、9ヵ月経過後の姿を記事にしたいと思います。



TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。