GROW UP!
ジーンズの色落ちとバイクのカスタム/修理を主に記録しているブログです。
プロフィール

.STRIKE

Author:.STRIKE
主にレプリカジーンズの穿きこみレポートや愛車のCBR250RRなどについて紹介しています。

※記事中の画像はクリックすると拡大できます。

★近況(4/10)
・メイン:エターナル811
・サブ:Evisu2000 No.1

なんと1年半ぶりの更新。
まさかこんなに間があいていたとは。汗
この2年近く仕事が激務でしたが、ようやく開発もひと段落。。(だといいんですが)
ぼちぼち更新を再開していきたいと思います。
扱う記事の写真が大分前でビックリです^^;


質問や何か一言ありましたらこちらのmail formまでお願いします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索


 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
北海道ツーリング 2011 3日目
北海道ツーリング3日目の道のり。宗谷岬を目指してオロロンラインを走る。
 A:川下海浜施設
 B:道の駅 おびら鰊番屋&旧花田家番屋
 C:お食事処 すみれ
 D:サロベツ原野
 E:宗谷岬
 F:道の駅 おこっぺ

MAP_03.jpg

3日目の朝。
朝起きてテントを片付けていると、ペグを入れる袋がない。
前日深夜慌ただしくテント設営した上に強風だったので、吹っ飛ばされてしまったようです。
・・・キャンプは時間に余裕をもって張らなきゃダメですね。

そんなこんなで3日目は朝の7時に出発。
まずは道の駅 おびら鰊番屋を目指して進みます。

110812_02.jpg 110812_03.jpg
・トワイライトアーチと松浦武四郎翁の銅像      ・旧花田家番屋

松浦武四郎翁という方は、「北海道」の名付け親だそうな。
すぐそばには「旧花田家番屋」があり、道の駅と言うよりは観光地みたいになっていました。
この建物、昭和30年頃まで活発に行われていたニシン漁番屋の象徴的な存在で、日本最北端の国の重要文化財として指定されているそうです。
隣の食堂でも、ニシン丼等がおいしそうな匂いを漂わせていました。

しかし、そんなニシン料理を横目に向かった先には...うに丼!!
110812_04.jpg 110812_05.jpg

0円マップで見つけ、必ず食べたいと思っていた「うに丼」。 お食事処すみれにて頂きました。
とろけましたね...初めてもうこれ以上ウニはいいや!ってなりました。
これで2800円だから素敵だ。ビバ北海道ヽ( ´¬`)ノ!!

食事の後はしばし北上し、苫前温泉ふわっとで日本海を眺めながら汗を流し...
いよいよ本格的に宗谷岬に向けて走り出します。

110812_07.jpg 110812_08.jpg

サロベツ原野のオトンルイ風力発電所にて。
地平線に向かって真っすぐに伸びる一本道のすぐ横に、28基の風車が立ち並ぶ壮大な風景。
道行く人はみな立ち止り、風景を堪能し、すれ違うバイクには笑顔で手を振り返す...
この道を愛車で走ることができ、ただただ幸せでした。
バイクに乗っていてよかったと改めて感じました。

110812_09.jpg 110812_10.jpg
・宗谷岬ウインドファームを背に          ・宗谷岬に向けて快適路を走る

そしてついに到着。宗谷岬。
110812_01.jpg

北の果てに到着。自分の愛車と共にここまで来れたというのが感慨深い。
ハチクロの中で竹本君が、「地の果てというものは、もっとさみしいところだと思ってた。こんな明るくてせいせいした所だとは思ってなかった」と語っていましたが、まさにその通りで、思っていた以上に明るい街で驚きました。

110812_12.jpg 110812_13.jpg
・柏屋                          ・ラ・ペルーズ顕彰記念碑
110812_11.jpg 110812_14.jpg
・旧海軍望楼                     ・祈りの塔

110812_15.jpg 110812_16.jpg
・日本最北端の地碑                 ・最北端のガソリンスタンドで給油

しばしの最北端観光後、キャンプ予定地である興部(おこっぺ)目指して海岸線を南下。
道の駅 おこっぺには列車を利用した無料宿泊施設があるので、そこを利用することに。

晩飯を地元の寿司屋で済ませ、夜道をせっせと走って宿泊所に着いたのは夜の9時。
結局また遅くなってしまった。汗
夜道では鹿と衝突しそうになるわ、小動物(キツネ?タヌキ?)は道路にウヨウヨ出てくるわでスリル満点なドライブとなりました。汗
北海道の夜は走っちゃ駄目ですね~^^;

缶ビールで乾杯をしつつ、本日の反省並びに明日こそ明るい時間にキャンプを張ろう!と息巻いたところで、北海道3日目は終了しました。



スポンサーサイト
TOP
北海道ツーリング 2011 2日目
北海道ツーリング2日目の道のり。ニセコを通過して札幌、そして石狩へ。
 A:東大沼キャンプ場
 B:しかべ間欠泉公園
 C:長万部
 D:羊蹄山(ファームレストラン じゃが太)
 E:小樽運河
 F:札幌(すすきの)
 G:川下海浜施設

MAP_02.jpg

二日目の朝。
前日は大雨の中必死にテントを張って、湿気っぽい中眠りにつきましたが、起きてみると太陽が顔を出していて、すがすがしい朝を迎えることができました。
テントその他を周りの木に張ったロープで乾かし(タンクバックくくりつけてたやつが大活躍)、コーヒーで目を覚ました後、2日目の行程を確認して出発します。

最初の目的地は、しかべ間欠泉公園。
110811_01.jpg 110811_02.jpg

温泉が自然の力のみで高く吹きあがる「間欠泉」が見れる公園。
間欠泉といえば、「ドラえもん のび太と夢幻三剣士」のなかで、大魔境を冒険しているときに間欠泉がドーンと来るシーンが印象的で、いつか一度本物を見たいと思っていました。
その秘めたる想いが現実に。(↑がきっかけで見たいと思ってくる人はそうとう珍しいと思う)

本物の間欠泉は実際どうかというと...すごいパワフル。
漫画の中では確かスネ夫が岩盤と一緒に打ち上げられていましたが、あながち大げさではなく、本当にそれぐらいの勢いがありました。
間欠泉上部の蓋がないと、隣の国道まで飛んでいくらしいです。凄いパワーだ。
このパワーを利用して発電なんか出来たら面白そうだな~と思いました。
せめて、公園内は間欠泉発電で補う...とかとか。

足湯でしばしリラックスした後、軽い朝食をとり、出発。
長万部を通過してニセコへ向かいます。

110811_03.jpg 110811_04.jpg
・羊蹄山をバックに撮影               ・道路脇には無数のひまわりが

110811_05.jpg 110811_06.jpg
・羊蹄山の湧水ポイントで小休止         ・ファームレストランじゃが太のコロッケ

天気に恵まれ、羊蹄山を横目に広い国道をひた走る。
見える風景はどれも素晴らしく、最高でした

次の目的地、小樽へ向けてひたすら北上します。(途中、ちょっと眠かった)

110811_07.jpg 110811_08.jpg
・小樽の街を、高台から望む            ・待望の海鮮丼!小樽運河にて

小樽運河周辺はさすが観光地、人で賑わっていました。
バイクを停めて、しばし観光。ついでに海鮮丼も平らげる。
2500円もするんだけど、ここは社会人。これを楽しむために仕事をしてきたってもんです。

北海道で食べる海の幸は格別でした。

続いての目的地は札幌。目的は「らーめん」です。
110811_09.jpg 110811_10.jpg
・すみれ本店の味噌らーめん           ・夜道の海岸沿いを走る

北海道の味噌ラーメンで有名どころといえば「すみれ」が挙がります。
分店やカップラーメンを出しているだけあって味は何となく知っていましたが、今回はせっかくなので本店に行ってきました。
札幌周辺の碁盤目状道路には苦労しましたが(ナビ無し初見はきつかった)、何とか到着。
...やはり美味しかった。格別な味噌でした。

その後はすすきので楽しんでから(!?)、本日の宿泊予定地である川下海浜施設へ。
夜の北海道は海面を照らす月が綺麗でしたが、道路は真っ暗で怖かったです。汗

0時前に到着し、テント設営に取りかかったんですが...今度は風がえらく強かった。
必死に設営を終えて、しっかりとペグを打ち立てたものの、安物テントだったので風に飛ばされやしないかドキドキしながらの就寝。 なんだかんだで2日目もドタバタなキャンプとなりました。



TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。