GROW UP!
ジーンズの色落ちとバイクのカスタム/修理を主に記録しているブログです。
プロフィール

.STRIKE

Author:.STRIKE
主にレプリカジーンズの穿きこみレポートや愛車のCBR250RRなどについて紹介しています。

※記事中の画像はクリックすると拡大できます。

★近況(4/10)
・メイン:エターナル811
・サブ:Evisu2000 No.1

なんと1年半ぶりの更新。
まさかこんなに間があいていたとは。汗
この2年近く仕事が激務でしたが、ようやく開発もひと段落。。(だといいんですが)
ぼちぼち更新を再開していきたいと思います。
扱う記事の写真が大分前でビックリです^^;


質問や何か一言ありましたらこちらのmail formまでお願いします。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索


 

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
CBR250RR MOVISTAR化計画 第8回 ~電装系の換装~
えらく時間が空いてしまいましたが(汗
今回は電装系の組立などを紹介します。

まずはヘッドライトをCBR600RRのモノに換装するための配線準備。
CBR250RRのヘッドライトは両目でロー/ハイの切り替えを行いますが、換装すると600RRでは左右の眼でロー/ハイの切り替えをすることになるので、ちょっとした工夫が必要になります。
(といってもすっごい簡単なんですけどね。笑)
繋ぎ方の詳細については才谷屋のマニュアルにしたがって進めました。

CBR250RR_ASSY_01.jpg CBR250RR_ASSY_02.jpg

車体側のコネクタとヘッドライトの端子部を綺麗に繋ぐために、今回はデイトナのH4バルブ用コネクターセットを使用しました。本当はH4バルブ用の端子(オス/メス)と配線コードのみで十分だったんですが...H4バルブ用の端子って100個単位とかでしか売ってない(泣)
さすがにそんなにはいらないし高価なので、やむなくこのキットを使用しました。

CBR250RR_ASSY_03.jpg CBR250RR_ASSY_04.jpg

こんな感じでコネクタを4本作ります。
実際に車体側のコネクタと繋ぐときは↓↓のような配置で結合します。
CBR250RR_ASSY_11.jpg

あとはこのままの配置で車体側のコネクタと繋ぐだけです。
この写真の位置から見て左眼がロービーム、右眼がハイビームになります。
本来CBR600RRに付いているポジションランプは、才谷屋カウルを取り付ける際のレイアウト上どうしても邪魔になってしまうので泣く泣く削り落してしまっています。
ホントは残したかったんですけどね。そこまでの技術力がありませんでした^^;

続いてはテールランプとウィンカー。
タイガパフォーマンス製リアインナーフェンダーにウィンカー等を移植していきます。

CBR250RR_ASSY_05.jpg CBR250RR_ASSY_06.jpg
CBR250RR_ASSY_07.jpg CBR250RR_ASSY_09.jpg
一部ウィンカー取付穴にゴムブッシュが入らなかったので穴を広げる加工をしてあげました。

続いてカウルにテールライトとリア収納ポケットの鍵穴を取り付けていきます。

CBR250RR_ASSY_08.jpg CBR250RR_ASSY_010.jpg

元々のカウルに付いていたキーシリンダーを取外し、新しいカウルへ移植します。
やはりキーシリンダなだけあって取り外しにくく、取付辛い(笑)
結局元々付いていた銀色のプレート無しでの取付けてなんとか付けることができました。
最後にシートカウル購入時に付属していたテールランプを取付けて完成です。

CBR250RR_ASSY_10.jpg

もはやデカいプラモデルですね(笑)

残りの工程はあと「スプロケット&チェーン交換」と「カウル取付」。
すでに完成してはいるのですが...更新が止まってましたからね^^;
次回こそ近いうちに更新して早く完成形を紹介できたらと思います。



------------------------ CBR250RR MOVISTAR化計画 ------------------------
/Prologue1/ 第1回/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/
/ 第9回/ 第10回/ まとめページ/
          
TOP
CBR250RR MOVISTAR化計画 第7回 ~ホイール塗装~
前回の続きで、今回はホイール塗装工程になります。

塗料はイサムエアーウレタン(二液アクリルウレタン樹脂塗料)を使用しました。
ヤフオクを利用すると1本1600円ほどで購入することができます。
カウルはキャンディータヒチアンブルーという専用色だったため、下塗りから手間をかけて丁寧に仕上げましたが、ホイールはソリッドカラーのブラックなので、汎用品のウレタンカラーで仕上げてしまうことにしました。
楽だし、缶スプレー二本で済むのでコスト的にも助かります^^;
イサムエアーウレタンは基本カラーが揃っているので、下手にこだわった塗装をしない限りこれで塗装は十分かもしれませんね~次にこけたらたぶんこれで済ませるだろうな(笑)

CBR250RR_ホイール_12 CBR250RR_ホイール_13

一番苦労したのが塗装する場所の確保。
カウルはラッカー塗料で重ね塗りがきくため、限られたスペースでちょっとずつ塗っていくことができたんですが、ホイールは二液性ウレタン塗料のためそうはいきません。
重ね塗りご法度の一発塗装でかつ、封をきったら一日で使い切らなければならない制約があるため、ホイール二本一気に塗ってしまわなければなりません。

塗装方法を考慮した結果、ダンボールバリケードを施したスペースにジャッキ3本+園芸用のポールを設置して、その間にホイールをくぐらせて回しながら塗装するという方法で塗装を行うことにしました(笑)
この方法、かなりのスペースを使用するのと他人の目が痛いので深夜に敢行することに(爆)

カウル塗装で余ったプライマーを塗布後、本塗装に入ります。
夜で暗かったため、ちゃんと塗れているかの確認はフラッシュ撮影した写真を見て行いました。
普通じゃありえない方法ですね(笑)くれぐれも真似しないで下さい。。。

CBR250RR_ホイール_14 CBR250RR_ホイール_15

垂れる寸前までたっぷり塗装した後は、マスキングを外して朝まで乾燥させます。
朝になるとある程度表面は乾燥しているので、そっと移動してベアリング端面を上にしてさらに1日外に放置し、その後部屋に移動して10日間じっくりと乾燥させました。
(もちろん、上で紹介した塗装セットは早朝セコセコと片付けました。汗)

さすがウレタン塗装、上々の仕上がりです。

CBR250RR_ホイール_16 CBR250RR_ホイール_17

モビスターRC211Vを見るとホイールにリムステッカーが施してあるので自分もそれに倣います。
MDFのリムステッカー(6mm幅)を使用しました。
貼り付けてみると...おお、なかなかにレーシーな姿に。

CBR250RR_ホイール_18 CBR250RR_ホイール_19

最後にタイヤを取付けていきます。
リムを傷付けたくないのでリムガードを使用して慎重に取付けていきますが、やっぱりなかなか入りません。前輪はすんなり入ったんですが、後輪はどうしても一人では手に負えなかったので、友人に手伝ってもらって何とか入れることができました。二人でやるとビートをしっかり落として作業出来るので結構すんなりいくのね...。
一人でやったる!という無駄な意地をもっと早く脱ぎ去っていればこんな傷をつけることもなかったでしょうね^^;
塗装が剥がれてしまった部分は後でタッチペンで修正しました。

CBR250RR_ホイール_20

この後、バイク屋に持ち込んでベアリング&オイルシールの交換も行いました。
オイルシールのダストシール部なんてボロボロでしたからね~。
古いバイクなので足回りの部品は出来るだけ新品に交換していきます。

修理費用は相当な額になってきていますが、まだ車両購入価格+工具代+部品代+ケミカル代がCB400SFを新車で購入する金額を余裕で下回っているので良しとします(笑)
こいつにはバイクの勉強させてもらってるし、整備&カスタムしていくうちに一段と愛着が沸いてきているのでこの道を選んでよかったと思っています。作業も楽しいしね!

この後は、新品のスプロケット+ボルト類を取付けて車両に組みつけて完成です。


次は車両取付け工程を紹介します...といきたいところなんですが、元々MOTOGPを目標に修理を進めていたため、ここから作業が急ピッチとなり、作業記録用の写真が断片的になってしまいました(汗)
なので作業工程ごとの詳細なレポートはこれが最後になります。う~む残念;

一応ところどころの写真は見つかったので、次回は完成までのまとめ記事になる予定です。



------------------------ CBR250RR MOVISTAR化計画 ------------------------
/Prologue1/ 第1回/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/
/ 第9回/ 第10回/ まとめページ/


TOP
CBR250RR MOVISTAR化計画 第6回 ~ホイール取外し~
今回はホイール取外しの工程を紹介します。

モビスターのホイールは黒なので、車体から取り外し、ブレーキディスクやタイヤなどすべて取り外してホイールだけの状態にして塗装することにしました。

塗装完了までを一つの記事にしようと考えていましたが、写真枚数が思ったより多くなったため、2回に分けて記事にすることにします。今回はホイールまでバラすところまでになります。

CBR250RR_ホイール_01 CBR250RR_ホイール_02
・アクスルナットを外せばスポッと抜けます      ・カラーの位置を忘れないように仮止めしておく

CBR250RR_ホイール_03 CBR250RR_ホイール_04
・後輪はアクスルナットを緩めて...         ・チェーンアジャスターボルトを締めてチェーンを弛ませる

CBR250RR_ホイール_05 CBR250RR_ホイール_06
・チェーンを外してアクスルシャフトを抜き取る      ・リヤブレーキディスクボルト取外しは大変だった

アクスルの取外しは思ったより簡単に出来ました。
カラー等の入り方を間違えないよう、部品を失くさないようにアクスルは仮止めしておきます。
(並び方は間違えても、付くようにしか取付けられないのでOK)
ホイールを車体から外した後はブレーキディスク類を取外していくんですが、ボルトが錆びのせいで固着していて大変でした^^;
クレ556を吹き付けて、しばらく放置した後にやっとこさ取外せる状況。
さすが古いバイクなだけありますね...ボルト類は新品と交換していきました。

CBR250RR_ホイール_07 CBR250RR_ホイール_11

スプロケットのボルトも固い!足で挟んで反対側のナットをグイッと回してやっと外れました。
ドリブンフランジも何故か固着していたので反対側から叩いて外しました

CBR250RR_ホイール_08 CBR250RR_ホイール_09

塗装しない部分をマスキング後、ホイールを洗浄します。
こびり付いたチェーンオイルはなかなかすっきり落とすことができず、様々な洗剤を試してみたところ、洗濯用の粉洗剤(アタック)が一番油落としに効果があるということが分かりました(笑)
チェーンオイルを落とすということに限って言えばパーツクリーナー以上の効果がありました。
油まみれの手を綺麗にするにもおすすめです^^

洗浄後、タイヤレバーを用いてタイヤを外します(やり方は他HP参照)
意外とこの程度のタイヤなら自分で外せるんだな~と思いました。
前回のタイヤ交換も自分でやればよかったかな。お店だと高いですしね;

外したホイールを見てみるとリム部の塗装剥がれまくりでした(笑)
やはりタイヤ着脱でどうしても力がかかるところなのでしょうがないんでしょうね~。
...購入時走行9000kmだったのにこんなにも交換の傷跡があるということは...!?
うん、きっとメーター読み以上の距離を走っている車体ってことなんでしょうね^^;
古いバイクだからしょうがないか~。
なんだかバラすほどに、「古いバイクだからしょうがない」って言葉が出てきている気がします。古いバイクを購入してメンテナンスしていくというのはこういう苦悩を味わうということなんですね~汗。まあ、それを楽しんでいる自分もいるんですけどね^^

その後はスコッチブライトやサンドペーパーを使用して表面を削り、下処理を行った後にもう一度洗浄&脱脂を行っていよいよ塗装に入っていきます。
塗装からの工程はまた近いうち更新します~。



------------------------ CBR250RR MOVISTAR化計画 ------------------------
/Prologue1/ 第1回/ 第2回/ 第3回/ 第4回/ 第5回/ 第6回/ 第7回/ 第8回/
/ 第9回/ 第10回/ まとめページ/


TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。